花と日の出と四万十川の写真blog

四国は高知県四万十川の自然や観光情報を、花の写真、日の出の写真、四万十川の写真によるデータベースをめざすブログです。

スーパームーン2015と日の出シーズンイン

久礼湾の日の出シーズン(秋の彼岸から春の彼岸まで)が始まっています。

9月28日に今シーズン初めて出かけています。
カメラの設定を半年振りに本番で確認です。

日の出撮影から帰って、Yさんのブログを見ると、
今日(9/28)は出かけられないけどスーパームーンが双名島から昇るという記事があり、(急遽Yさんも参加です。)
時間的にも日没後すぐに月の出ということで、カメラの設定がよく分からないままに初めての月の撮影です。

スーパームーンとの比較用に、当日(9月28日)の 「日の出」 と 「月の出」 の写真をアップしておきます。
朝も夜も水平線に雲があり、「だるま」は次回におあずけです。

日の出  ( 2015/09/28 )  5時57分 久礼湾堤防の4本目電柱跡すぎ29歩付近です。
日の出 写真 2015/09/28

月の出  ( 2015/09/28 )  18時06分 久礼湾堤防の4本目電柱跡すぎ10歩付近です。
水平線の雲で出ないかと思っていたら、こんな感じでこの位置にうっすらとでています。
スーパームーン 2015/09/28

日の出  ( 2015/09/28 )  
日の出 写真 2015/09/28

月の出  ( 2015/09/28 )  残念ながら上がすこし雲にかかりましたが赤くてきれいです。
スーパームーン 2015/09/28

月の出  ( 2015/09/28 )  
スーパームーン 2015/09/28

次回のスーパームーンをネットで検索です。
基本的には、年1回で、なしの年もあるそうです。
2014年は3回、2016年は11月14日、2017年はないそうですが、
2018年は1月1日だが時差の関係で前日の12月31日かも。という結果です。

本日(9/30) 今シーズン初のだるま朝日がでています。

関連ページ
 四万十川ポータルサイト

[ 2015/09/30 07:21 ] 日の出 写真  9月 | TB(-) | CM(-) 記事編集

世羅高原農場2015 秋のダリヤ祭

西日本最大450品種のダリアの花園へのタイトルに誘われ、
広島の世羅高原農場2015 秋のダリヤ祭を観光です。

今年4月末の世羅高原農場 チューリップ祭は日帰りで600kmを超えたために、
今回は岡山に1泊して翌日は倉敷アウトレットで半日過ごした観光ルートです。

ダリヤ ( 天竺牡丹 ) キク科 ダリア属 7月~10月 7枚以上 2015.9.23 撮影 - 世羅高原農場
分布 メキシコ原産。 生育地 花壇、庭植え、鉢植え。 

ダリヤ ( 天竺牡丹 )

ダリヤ ( 天竺牡丹 )

雪の精  【 花径 】 中輪  【 花型 】 フォーマルデコラ咲き  【 作出国 】 日本
ダリヤ ( 天竺牡丹 )

晴れ舞台  【 花径 】 中輪  【 花型 】 フォーマルデコラ咲き  【 作出国 】 日本
ダリヤ ( 天竺牡丹 )

影ぼうし  【 花径 】 中大輪  【 花型 】 インフォーマルデコラ咲き  【 作出国 】 日本
ダリヤ ( 天竺牡丹 )


ブルーサルビア ( ― ) シソ科 サルビア属 5月~10月 唇形 2015.9.23 撮影 - 世羅高原農場
分布 北~中央アメリカ原産。 生育地 花壇、庭植え、鉢植え。 

ブルーサルビア ( ― )

四万十川ポータルサイト内 - 関連リンク

花の色から季節の花の名前がわかります。
        高知四万十川 花の写真 2015/09/26 現在 1145 種 2776 枚

[ 2015/09/26 06:38 ] 県外の花 ・ 秋 | TB(-) | CM(-) 記事編集

ナンテンハギ ( 南天萩 )

牧野植物園で初めて見た花の紹介です。

名前の由来は葉の形がナンテン(南天)に似ていて、花の形がハギ(萩)に似ているところからついたそうです。
別名のフタバハギ ( 二葉萩 ) は、葉が茎に1対ずつ並ぶように付くことからきているそうです。

ナンテンハギ ( 南天萩 ) マメ科 ソラマメ属 6月~10月 豆形 2015.9.11 撮影 - 牧野植物園
分布 北海道、本州、四国、九州。 生育地 山野。 多年草。 別名 フタバハギ ( 二葉萩 )。

ナンテンハギ ( 南天萩 )

ナンテンハギ ( 南天萩 )

四万十川ポータルサイト内 - 関連リンク

花の色から季節の花の名前がわかります。
        高知四万十川 花の写真 2015/09/22 現在 1145 種 2776枚

[ 2015/09/22 06:43 ] 牧野植物園 他県内 ・ 秋 | TB(-) | CM(-) 記事編集

アカバナ ( 赤花 )

四万十町遠山の植物観察会で初めて見た花11種の中から、花をもう1種紹介します。

アカバナ ( 赤花 ) アカバナ科 アカバナ属 7月~9月 4枚 2015.9.5 撮影 - 四万十町遠山
分布 北海道、本州、四国、九州。 生育地 湿地。 多年草。 

アカバナ ( 赤花 )

四万十川ポータルサイト内 - 関連リンク

花の色から季節の花の名前がわかります。
        高知四万十川 花の写真 2015/09/18 現在 1145 種 2776 枚

[ 2015/09/18 07:20 ] 牧野植物園 他県内 ・ 秋 | TB(-) | CM(-) 記事編集

ミズトンボ ( 水蜻蛉 )

四万十町遠山地区の里山にある池や湿地から花の紹介です。

絶滅危惧種「ミズトンボ」他の写真入で遠山の植物観察会の記事が、
開催2日前の新聞に載っていたので、今回は「ミズトンボ」にひかれての参加です。

ミズトンボ ( 水蜻蛉 ) ラン科 ミズトンボ属 7月~9月 蘭形 2015.9.5 撮影 - 四万十町遠山
分布 北海道、本州、四国、九州。 生育地 湿地。 多年草。 

ミズトンボ ( 水蜻蛉 )

四万十川ポータルサイト内 - 関連リンク

花の色から季節の花の名前がわかります。
        高知四万十川 花の写真 2015/09/14 現在 1145 種 2776 枚

[ 2015/09/14 06:58 ] 牧野植物園 他県内 ・ 秋 | TB(-) | CM(-) 記事編集

ヒナノカンザシ ( 雛の簪 )

四万十町遠山地区の里山にある池や湿地をまわる植物観察会に参加です。

昨年5月の菜の花まつりのときに開かれた遠山の植物観察会に続いて2回目です。
前回は、「たんぽぽの自生地」と史跡をめぐる一周コースが午前午後2回ある予定が、
急遽午後の部が遠山の「稀少植物観察」コースに変更ということで、参加しています。
この里山は普段は閉めきっているので夏か秋にあればと思っていたので参加です。

前回は急遽決まったために参加者が少なかったのですが、今回は66名もの参加者です。
説明者が2名のため、花の写真を撮りながらでは説明が聞き取れず次回は要検討です。

背の高い雑草の中に、草丈10cm位に2mm位の花が咲いています。
下から順次開花するため、先に開花する下側の花は白色、蕾は紅紫色です。

ヒナノカンザシ ( 雛の簪 )  ヒメハギ 科 ヒナノカンザシ属 8月~9月 3枚 2015.9.5 撮影 - 四万十町遠山
分布 本州、四国、九州。 生育地 日当たりの良い湿地。 1年草。 

ヒナノカンザシ ( 雛の簪 )

四万十川ポータルサイト内 - 関連リンク

花の色から季節の花の名前がわかります。
        高知四万十川 花の写真 2015/09/10 現在 1145 種 2776 枚

[ 2015/09/10 07:01 ] 牧野植物園 他県内 ・ 秋 | TB(-) | CM(-) 記事編集

「四万十川ポータルサイト モバイル」 再開です。

四万十川ポータルサイト モバイルを2014.7.11以来の更新です。
すごくさぼっていましたが、今回全面リニューアルオープンです。

前回同様、スマホ、タブレット、PCでOKです。
表示確認端末はiPhone 5sからiPhone6に、sonyタブレット追加となっています。

現在基本パターンを表示中です。
検証中の途中経過ですが、
パターン変更により更新の時間が、あまりかからず非常に楽になっています。
他に手抜きしている分の更新にも取れかかれそうです。

TOP頁の季節ごとに変える予定の写真の第一弾4枚です。
春~冬の頁にリンクを貼っています。

四万十川 春
四万十川 春

四万十川 夏
四万十川 夏

四万十川 秋
四万十川 秋

四万十川 冬
四万十川 冬

関連ページ
 四万十川ポータルサイト モバイル

[ 2015/09/06 06:45 ] 四万十川観光 | TB(-) | CM(-) 記事編集

スイタクワイ ( 吹田慈姑 )

牧野植物園で、前回 (8/3) 探せなかった花で初めて見た花の紹介です。

牧野植物園HPの見ごろの植物から初めての花を自作地図に書き込んで園内をまわっています。
各月を前後半に分けている自作地図24枚に前回探せなかった花も書き込んでいます。
花が終わっていても場所さえ分かれば翌年用としてレイヤーを変更して保存です。

スイタクワイ ( 吹田慈姑 ) オモダカ科 オモダカ属 8月~10月 3枚 2015.8.12 撮影 - 牧野植物園
分布 オモダカの栽培品種。 生育地 水田、沼、ため池。 多年草。

牧野植物園の植物名ラベルには、
「牧野博士が1934年に学名を発表。
 古代から日本に生えていたオモダカが吹田砂堆中心に進化したもので、半栽培植物とされる。
 かつて京都御所に食用として献上されていた大阪吹田の名産。
 戦後の住宅開発や除草剤の多様により減少し、現在吹田くわい保存会によって大切に守られている。」
と記載されています。

スイタクワイ ( 吹田慈姑 )

四万十川ポータルサイト内 - 関連リンク

花の色から季節の花の名前がわかります。
        高知四万十川 花の写真 2015/09/02 現在 1145 種 2776 枚

[ 2015/09/02 06:58 ] 牧野植物園 他県内 ・ 夏 | TB(-) | CM(-) 記事編集
カレンダー(月別)

08 ≪ 2015/09 ≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSフィード
ブログ内検索
Tree-CATEGORY
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール


Author : reisan1


連絡先 メールフォーム

プライバシーポリシー

管理画面  2006-2017