花と日の出と四万十川の写真blog

四国は高知県四万十川の自然や観光情報を、花の写真、日の出の写真、四万十川の写真によるデータベースをめざすブログです。

牧野植物園 4月の草花木花 - 2 ( 2015 )

牧野植物園から初めての花を紹介です。

ケシ ( 芥子 ) ケシ科 ケシ属 4月~5月 2015.4.29 撮影 - 牧野植物園
分布 地中海東部沿岸地方原産。 一年草。

ケシ ( 芥子 )

禁断の植物 「ケシの花」 が、一般公開されているのは東京都薬用植物園と牧野植物園だけだそうです。

5月の連休いっぱいが見頃ということですが、
前日夕方から朝方にかけての雨の影響か、写真を撮っている最中にも花びらがどんどん落ちています。
ケシの花はポピーぐらいをイメージしていたのですが、草丈が1m以上で、花の大きさが15cm以上あります。
花を育てていないのでよくわからないのですが、こんな大きな花が混じっていたら分かるような気もするのですが。

牧野植物園の植物名ラベルから抜粋
「ケシとは。
 もともと地中海東部沿岸地方に分布していたとされる高さ1~1.7mになる大型の1年生草本。
 四大文明が興った頃には既に薬用植物として栽培されていたと言われています。
 花は一重だけでなく八重咲きもあり、色は純白・深紅・紫など様々ありますが、黄色及び青色は存在しません。
 花弁が落ちた後の果実にナイフで縦に傷をつけにじみ出た乳液を集めて乾燥させたものが麻薬「アヘン」で、
 古くは主に睡眠薬・鎮痛薬として用いられてきました。
 アヘンに含まれる 「モルヒネ」は、鎮痛薬として医療に利用されています。
 モルヒネを科学的に変化させてできる 「ヘロイン」は極めて依存性と中毒性が高い恐ろしい麻薬で、
 日本国内では麻薬及び向精神薬取締法によってその製造・所持・医療目的を含め、厳しく規制されています。

 当園のケシはあへん法に則り、研究用に許可を受けて栽培しています。

 栽培が規制されているケシ属 3種。  ケシ・アツミゲシ・ハカマオニゲシ

 栽培してもよいケシ科植物。 オニゲシ・シベリアヒナゲシ・ヒナゲシ・ナガミヒナゲシ・メコノプシス属

 「おねがい」
 栽培が規制されている種を近隣で見かけたら、最寄りの地方厚生局か警察署までご連絡ください。」
と記載されています。

有刺鉄線のある鉄格子のなかで栽培されています。

ケシ ( 芥子 )


ムサシノキスゲ ( 武蔵野黄萱 ) ユリ科 ワスレグサ属 4月~5月 6枚 2015.4.29 撮影 - 牧野植物園
分布 府中市の浅間山。 生育地 :低地。 多年草。

ムサシノキスゲ ( 武蔵野黄萱 )

牧野植物園の植物名ラベルには、
「ゼンテイカ (ニッコウキスゲ) が低い標高に適応した品種と考えられており (正式に分類されていない) 、
 東京都浅間山だけに分布するとされる。
 花は淡橙黄色で芳香がある。
 花期 5月上旬から下旬。
 花型はニッコウキスゲというより、むしろノカンゾウに近く、葉が細長い。」
と記載されています。


ムギセンノウ ( 麦仙翁 ) ナデシコ科 ムギセンノウ属 4月~5月 5枚 2015.4.29 撮影 - 牧野植物園
分布 ヨーロッパ、アジア原産。 生育地 花壇。 一年草。別名 ムギナデシコ (麦撫子) アグロステンマ

ムギセンノウ ( 麦仙翁 )

牧野植物園の植物名ラベルには、
「ヨーロッパ、アジア原産。
 秋播き一年草として花壇や切花に比較的よく利用される。」
と記載されています。


四万十川ポータルサイト内 - 関連リンク

花の色から季節の花の名前がわかります。
        高知四万十川 花の写真 2015/05/03 現在 1138 種 2762 枚

[ 2015/05/03 06:51 ] 牧野植物園 他県内 ・ 春 | TB(-) | CM(-) 記事編集
カレンダー(月別)

02 ≪ 2017/03 ≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSフィード
ブログ内検索
Tree-CATEGORY
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール


Author : reisan1


連絡先 メールフォーム

プライバシーポリシー

管理画面  2006-2017