花と日の出と四万十川の写真blog

四国は高知県四万十川の自然や観光情報を、花の写真、日の出の写真、四万十川の写真によるデータベースをめざすブログです。

大引割・小引割 四万十川観光

国の天然記念物の大引割の岩の亀裂を見たときには、「これはスゴイ!!」 と声がでていました。

大引割は長さ約80m、幅3~8m、深さ30mあるそうです。
小引割は長さ約100m、幅1.5~5m、深さ20mで、すぐ近くを平行して走っています。
自立鉄塔60mでは何も感じなかったのですが、大引割の底が見えない深さには足がすくみます。

7/6の新聞に津野町芳生野と仁淀川町別枝を結ぶ「林道大引割線」が開通、
「大引割・小引割 (おおひきわり・こひきわり) 」付近を通っているとの記事で、
天狗高原のササユリの撮影がてら見学です。

天狗高原から歩いていくと4kmぐらい遊歩道をだらだら下るようになります。(標高1355m-1087m)
「大引割・小引割 」からの帰りの上り坂と写真を撮りながらの往復の時間のために思案中でした。

道路情報 2008.7.8現在

車ですぐ近くまでいけるとのことで天狗高原から大引割までの走行です。
天狗高原から大規模林道の途中まで走り、須崎方面の標識を左折で郷まで下ります。
439号に突き当たりますのでそこを左折。ここ郷から天狗までと同じ距離約11kmです。
(片側一車線の道は大回りですが、天狗高原~高野~新田~郷ルートになります。)

林道への標識があるものと思い、33号線を目指して走っていたら、トンネルです。
トンネルまで行くと林道入り口を通り過ぎているということを聞いていたので少しバックです。
途中に左に上がっていく道と33号の標識がある右の道が平行して走っている場所があります。
ここの左の上り坂が林道入り口になります。

平日にもかかわらず、仁淀川町からの車と結構すれ違います。
幅員4mという割には、郷側は少し狭く感じます。
小さい石が道路に結構落ちています。大雨の後などは日にちをあけての通行がおすすめです。
頂上付近に車が十数台おける駐車場があります。
そこから3分ぐらいで大引割です。

人は天狗高原から歩いて大引割へ、バスはその間に大引割へ。
四万十川とセットの観光地「四国カルスト 天狗高原」に、こんな観光ルートができそうです。

国の天然記念物 「大引割・小引割」の岩の亀裂 2008.7.8 撮影

大引割の岩の亀裂


四万十川ポータルサイト内 - 関連リンク

四万十川観光マップ - 四万十川観光地図

[ 2008/07/10 06:31 ] 四万十川観光 | TB(-) | CM(-) 記事編集

「カツオのぼり」と「こいのぼり」の川渡しと水中遊泳

土佐佐賀の紙のこいのぼりの水中遊泳の紹介です。

かつおのぼりとこいのぼりの川渡しは国道を走っているときに毎年ながめていますが、
昨年の新聞に今年は、実行委の方がいの町まで出かけて紙のこいのぼりの作り方を習ってきて
こいのぼりの水中遊泳をするとの記事があります。

昨日の新聞(5/6)に出ていた黒潮町佐賀の不織布で作った紙のこいのぼりの水中遊泳を
四万十市中村からの帰り道に寄り道して見学してきました。
新聞によれば今月10日頃まで見えるそうです。

かつおのぼりとこいのぼりの川渡し
一番向こう(写真下側)にかつおのぼりが見えます。

伊与木川をおよぐ紙のこいのぼり。
伊与木川をおよぐ紙のこいのぼり。

伊与木川の川の上と水中をおよぐこいのぼり。
伊与木川の川の上と水中をおよぐこいのぼり。

伊与木川土手沿いに泳ぐ不織布で作ったこいのぼり。
伊与木川土手沿いに泳ぐ不織布で作ったこいのぼり。

四万十川下流をめざす時に四万十町窪川から黒潮町佐賀や黒潮町大方を経由して
四万十市中村に向かうルートがあります。
イベントの時期に通りかかれば休憩を兼ねて寄り道をおススメします。

[ 2008/05/08 06:48 ] 四万十川観光 | TB(-) | CM(-) 記事編集

四万十川河口 四万十川観光

四万十川河口

四万十川河口(四万十市中村下田) 2007.5.31 撮影

四万十川河口から海岸をまわり黒潮町大方に出ました。
いつもは下田地区内からの道を利用しています。
今日は下田海岸からの道をはじめて通りました。

下田海岸から登っていくと、
下から見えるローラーすべり台のあるわんぱく広場や
展望台のある芝生の広い広場には木陰もあり、
小さい子ども連れでのピクニックには格好の遊び場になります。
他にもオートキャンプ場や平野、双海の両サーフビーチ等もあります。

この近くは折りたたみ自転車で走っています。
四万十川河口をポタリング
四万十川河口 下田の子どもたち

花を撮りだしてからは、用事のついでにいろいろな所をまわって帰ります。
四万十川沈下橋を探して四万十川流域をまわって以来です。

関連ページ
四万十川ポータルサイト PC

[ 2007/06/19 06:29 ] 四万十川観光 | TB(-) | CM(-) 記事編集

半家バイパス開通 四万十川観光

半家バイパス開通

四万十市西土佐の半家バイパス開通 2007.6.12 撮影

国道381号の「半家バイパス」が、2007.6.10に開通しました。
これで窪川から西土佐江川崎まで二車線です。
写真の半家沈下橋の向こうに見えるのが半家橋です。

2004年11月と2006年3月にこの区間を自転車で走っています。
四万十川の牛鬼
四万十川カヌーの祭典

半家沈下橋では祭りとイベントも行われます。
半家沈下橋と四万十川ウルトラマラソン
半家天満宮の秋祭り 牛鬼

今までは久礼から、東津野~梼原~日吉~江川崎か、窪川~大正~十和~江川崎のどちらかでしたが、これからは窪川回り(久礼~江川崎 77Km)が多くなりそうです。

口屋内沈下橋までの距離が、久礼から中村まわりと、江川崎まわりで同じ90km位になります。
西土佐江川崎から岩間沈下橋までは思っていたより道路がよくなっています。

今年の夏は西土佐江川崎から岩間沈下橋、口屋内沈下橋を通り佐田沈下橋まで
カヌー館の「りんりんサイクル」で、四万十川源流から四万十川河口までの
四万十川をポタリング」の総仕上げにしたいものです。


関連ページ
四万十川ポータルサイト PC

[ 2007/06/14 17:45 ] 四万十川観光 | TB(-) | CM(-) 記事編集

安並の水車 四万十川観光

安並の水車とアジサイ

安並の水車

四万十市中村安並の水車とアジサイ 2007.6.12 撮影

「四万十川 花の写真」のHP用だけで中村方面に出かけるのもなんなので、
前月から四万十市で用事があるときにはカメラをもって出かけています。

花を探して前々回は西土佐黒尊まで、前回は中村下田、
今回はこの安並の水車と西土佐の半家バイパスを通ってと寄り道をして帰っています。

こちら「四万十川勝間付近 他観光」でも安並の水車を写真で紹介しています。


関連ページ
四万十川ポータルサイト PC

[ 2007/06/13 17:40 ] 四万十川観光 | TB(-) | CM(-) 記事編集

長沢の滝 四万十川観光

長沢の滝

長沢の滝 2007.4.11 撮影

スミレを探して東津野エリアを一日走ってきました。
新田から郷(天狗高原への登り口)までは二車線になっています。
その郷から高野~天狗高原大規模林道(天狗高原へはいつもこちらを利用)への道は、
最初は民家があるところが少し狭いですが、そこからは少し広めの一車線、
その後二車線でつながっています。

ハート型の穴から30m以上水が流れ落ちる長沢の滝です。

手前の切り株から水がポタポタしたたり落ちていました。
自然はすごいなと思います。


関連ページ
特集 - 四万十川沈下橋
特集 - 四万十川カヌー
四万十観光 - 四万十川の祭り&イベントカレンダー
四万十川ポータルサイト - 四万十かざぐるま


四万十川のホテル・旅館はこちら

[ 2007/04/16 06:29 ] 四万十川観光 | TB(-) | CM(-) 記事編集

四万十川観光 - 花_写真

四季折々の草花木花
四万十川の花 - 写真」オープンしました。

春になればこのブログと連動して更新していきます。
それまでは今までに撮ってきた分を使っての更新です。

関連ページ
四万十川ポータルサイト - 四万十かざぐるま


四万十川のホテル・旅館はこちら

[ 2007/01/09 07:48 ] 四万十川観光 | TB(-) | CM(-) 記事編集
カレンダー(月別)

07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
ブログ内検索
Tree-CATEGORY
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール


Author : reisan1


連絡先 メールフォーム

プライバシーポリシー

管理画面  2006-2017